コラム
COLUMN

お米の上手な買い方

●1カ月で食べきれる量を購入

お米は精米してから3 0 ~40日までがおいしく食べられる期間。1カ月で食べきれる分をまめに買いましょう(夏場はもう少し短期間で)。

●産地、ブランド、お気に入りを見つけて

お米は産地や品種で味わいは千差万別。もちろんおススメは福島の米!ぜひ、お試しください。

●精米年月日を必ず確認

お米の味は精米した時点からの時間経過が大きなポイントです。必ず袋に表示された精米年月日の新しいものを選びましょう。

ふくしまの米がおいしい理由

●地域特性に合った米づくり

その豊かな気候風土から日本でも屈指の米どころとして知られる福島県。広大な県土には、西の会津から中央の中通り、東の浜通り地方に分けられ、それぞれの地域で自然の特性をいかした米づくりが盛んに行われています。

●おいしい品種づくりに挑むチャレンジ精神

市場の評価や需要動向をすみやかに反映させ、良食味、高品質米への品種転換も積極的に行っています。

●寒暖の差がおいしさの秘密

米づくりに最も大切な時期が、穂の発育期から登熟期にあたる7月中旬~9月中旬。日中は晴れて気温が高く、夜間は低めという日較差の大きい福島の気候が、おいしいお米を作ります。

お米の上手な保存方法

●乾燥した冷暗所が理想

お米は熱と湿気を嫌います。おいしさを保つためには、乾燥した涼しいところに密閉容器に入れて保存しましょう。冷蔵庫でもOKです。

●保存容器は清潔に

保存容器はいつも清潔さをキープ。また、お米は必ず古いものから食べきり、新しいものと入れ替えて、カビや虫を予防しましょう。